知らないと損!ZARAにまつわる5つのこと

cea22712fbd18b2578b9a23103a231dc_m

ZARAが好きなら、知っていて損はない5つのことを紹介。
ZARAを愛してやまない私が、いろんなところからかき集めたとっておきの情報ですw

 1. 商品の追加は月曜日と金曜日

実店舗へは新商品も、在庫の補充も月曜日と金曜日の開店前。
逃したくない商品があるときは、土日よりも金曜か月曜の仕事帰りのほうが確実(もちろんもっと確実なのは開店直後ですが)。

 2. 完売した商品の再生産は無い

これは、ファストファッション業界ではほぼ常識ですが、一度完売してしまった商品の再生産は行われません。

まさに、一期一会。
「今買わないともう手に入らないかも。ま、この値段ならいいか。買っちゃおう。」と思わせるのがファストファッションブランドの戦略。

無駄遣いはよくないけれど、「見つけたときに買わないともう手に入らない可能性がある」ことは頭に入れておいた方がよさそう。

 3. 一度店頭から消えた商品も復活するかも

完売すれば再販はありませんが、ZARAは、メジャーサイズ(MやSあたり)の在庫がその店舗に無い場合、LやXSなどの比較的売れ行きの遅いサイズが残っていても、店頭からその商品すべてをいったん店頭から下げます。

これは、「この商品のMサイズはありますか?」と聞いて店員さんが手ぶらで戻ってきたときのあの残念な気持ちをお客様に味あわせないため(すごい気遣い!)。

ZARAのヘッドクオーターの倉庫に在庫が残っている場合は月曜日か金曜日に欠けたサイズの補充がされ、もう一度店頭に戻ってくることも。

諦めずにチェックしてみましょう。

 4. セールは6月と12月の最終金曜日

ZARAのセールをいつも楽しみにしている人なら知っていると思いますが、夏のセールは6月、冬のせいーるは12月の最終金曜日(オンラインは深夜0時から)。

ただし、これは過去実績の話なので、今後のことははもちろんわかりません。ただ、今後もその可能性は高いということ。

セールの期間は結構長く、セール価格になる商品の数がだんだん増えていきます。
また、(売れないと?)値段はだんだん下がっていきます。

なので、待てば下がるかもしれないけれど売り切れるかもしれないというジレンマがw

 5. 日本の価格はヨーロッパの2倍

これは日本でのZARAの価格の半分が輸送費のため。

ZARAはスペインの本社でデザインして、トルコなどスペインに近い工場で生産して販売しています(中国などアジアでの生産はありません)。これはいち早くトレンドやニーズをキャッチしてタイムリーに店頭に商品を並べるため。
スピードを重視しているので輸送には空輸を使っているそうです(普通は船便輸送)。

ヨーロッパは空輸の必要がない(or必要があっても近い)ので、輸送費が安く、商品も日本より安いのです。

ヨーロッパに行ったら、ZARAには絶対行くべきです!

 

【残席3席!!】◆お茶会を開催します!!

日時:2015年11月15日(日) 14:00~15:30頃まで
場所:WIRED CAFE品川店
会費:2,000円(ドリンク1杯およびスイーツ1品、消費税税込み)
*お子様連れも可です!!
(お子様は特に会費はいただきません。お子様のお飲みもの、フードなどオーダーされる場合はご自身でご負担ください。)

ファッショントレンドテキストをお渡しする予定です♪

また、皆さんからの質問をその場で受け付けたり、
事前に聞きたいことなどをいただければ、
当日までこちらでしっかり準備していきたいと思います
おんぷ

お申し込みはこちらのフォームからお願いします!

 

 

 

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す