ストライダーと自転車と子供の成長

もうすぐ息子の5歳の誕生日。
ということで、旦那の仕事の都合もあって、ちょっと早いけれど、誕生日プレゼントを一緒に買いに行きました。

2015-01-25 13.48.08-1

自転車です。

お店の人に相談したところ、身長107cmくらいの息子には14インチのこの大きさがいいのではということで。
だいたいこれで、小学校低学年くらいまで乗れるだろう(もちろん成長の度合いにもよる)ということでした。

2015-01-25 14.05.12-1

ペダルのパネルというの?この自転車だとこの白い部分。
これに何も書いてないのがなんか拍子抜けな気がするのは、ほぼデザイン無視で自転車を選んできた私だけなのだろうか。。w
(っていうか、そんなこじゃれた子供用自転車なんて選択肢私の幼少期の環境にはなかったよw)

 

 Californian Bikeという自転車のBMX。BMXですよ。小生意気なw
本人チョイス。でも、理由は赤が好きなのでw

補助輪は無しの状態で売られていました。
ストライダー(ペダルブレーキ無しの幼児用二輪車)にずっと乗っていて、保育園の年長さんママから「ストライダーに乗れてたから自転車は1日で乗れるようになりましたよ!」って聞いていて、ストライダー乗ってる姿を見ても「絶対すぐ自転車乗れるな」って感じだったので、補助輪無しのままで。

最初、ペダルに戸惑いはしたものの、5分でペダルもこげるようになり、30分もしたら普通に乗っていました。ただ、ブレーキに完全に慣れるのにはもうちょっとかかりそうだけれど。

ストライダーは2歳前から乗っていましたが、そんなに苦労した感じがありませんでした。自然に気づいたら乗れていたと言う感じ。

補助輪付きからスタートして何度も転びながら乗れるようになった自分の子供時代を思うと、あの「訓練」なしに自転車に乗れるようになったというのはかなりうらやましいです。ま、過ぎたことだけど。

自転車乗る訓練に付き合うのも結構大変(励ましたりとか、怪我の手当てとかw)だと思うので、ストライダー→自転車オススメです。

でも、少しくらい苦労させた方がいいのだろうか。。。 それとも、私の時代のあの苦労はいらぬ苦労だったのか。。

ただ、すぐに乗れるようになったのが嬉しいのか自信になったのかわかりませんが、自転車に夢中で、買った翌日の昨日は朝7時ごろからパパを付きあわせて乗っていました。。そして夜帰ってからも。。やれやれ

 でも、自転車に乗れるようになると、「大きくなったな」という感じがしますね。感慨深いですw

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す