今年のお正月[家族のキロク]

毎年、お正月は仕事納めから元旦まで夫の実家の新潟、元旦に移動して私の実家の島根に帰省します。

今年もそういう日程でしたが、夫は仕事があるので私と息子より遅れての新潟入り、元旦に一緒に新潟を出て仕事へ。私と息子だけ島根入り。というスケジュールに。

ま、我が家としてはいつものお正月の動きです(夫はお正月はほぼ100%仕事なので)。

ただ、今年は色々バタバタ。
新潟はよかったんです。新潟までは。つまり、去年までは。写真はなんやかやで写真撮ってないけど(いとこが多いのでなんだかんだ大賑わいw)、普通に楽しく賑やかお正月でした。

で、元旦。新潟→新幹線→東京→羽田→飛行機→出雲(縁結び)空港→車→実家のルートだったんですが、
羽田空港に着いた瞬間、乗る便の一つ前の便が欠航!

大晦日、元旦は大寒波で西日本中心に大雪だったので。出雲もかなりの吹雪だったらしい。
もともと風が強い地域なので、寒波で余計にひどかったのではと思います。

私達が乗る便も「天候調査」に時間がかかり、出発予定時刻の20分くらい前に「飛びます」のアナウンス。でももしかしたら、羽田に引き返すか伊丹に着陸するかもという条件付き。。

欠航便に乗るはずだったらしい人が電話で「とりあえず、明日の便で再チャレンジする」旨を私の地元の方言で伝えてるのん聞いたときは、悲しかった。。だって、羽田空港にいる時点で地元モードですからね、気分は。かなりショックだったはず。

私達も飛ぶとは言われたものの、「もし、引き返したら。。伊丹に行かれたら。。」の不安があるので全く安心できず。。
お土産のお店なんて見る気にもなれず。お土産買って、結構それ持って実家じゃなくて自宅へ帰宅とか悲しすぎるし。

20分遅れで出発したものの、出雲空港の除雪作業が長引くとのことで、上空で10分旋回。

10分後、まだ終わらないとのことで、更に10分旋回。

やっと終わったと思ったら、今度は強力な雪雲が滑走路上空にいるのでその通過待って10分旋回。。

その間、「ちゃんと出雲に着陸するよね?!」という不安を抱え続けたフライトでした。。






我が実家はこんな感じ。雪をかなり満喫する息子。
私の実家には他に子供がいないのですが、雪のおかげで楽しかったみたい。よかった。

飲み、食べ、寝るのお正月を過ごしたのち、帰宅(現在進行中)。

帰りは、バス→広島→新幹線→東京なのですが、問題はバス。

というか、私が悪いんだけど。。(-ω-;)

いつもならバス代用に千円札を用意するのですが、今回は息子のお年玉があるので大丈夫と高を括っていました。
(ちゃんと子供の名義で貯金はしてますがこういう時の千円札要員として)

が、無い!実家のコタツの上に忘れた。。。

ということで、運転手さんに一万札の両替を頼んでみるも「無理」という返事。「嘘ー!」と思いつつも、降りる際に他の方の支払った料金からお釣りをくださいました。。
バスってワンマン運転だからお釣りは乗る人が自分で用意しないといけないんですよね。
すいません。。

が、実は、道路が混んでいた影響でバスを降りるときにはすでに予約した新幹線の発車時刻ギリギリ。

お釣りもらって、息子と正月太りの重たい体で猛ダッシュ。フルスロットル。

ホームに着いたときには「プルルルルルー。ドアが閉まります」。間に合わないか?!と思ったら、まさかの新幹線、5分遅れ。

はぁーーー。

何だろう、新年早々のこのドタバタ。

いつもの私と言えばそうだけど、今年も自分のうっかりで窮地に堕ちしつつ、運で切り抜けるという事が多い年になるのでしょうか。。

そういうところ直したい。

そんなこんなですが今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

ちなみに新幹線が遅れた五分で買ったお土産はこちら↓かなりオススメ。広島に来られたらぜひ。

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す