暖かい雰囲気の人物写真が撮れる超簡単なカメラの設定[ママのための写真講座]

実は写真歴10年くらいの私。 今日はカメラ設定をちょこっと変えるだけで、表情豊かに見える写真が撮れるカメラの設定を紹介します。

 ホワイトバランスを「曇天」に

その設定とはホワイトバランスを「曇天」にすること。
カメラによっては「曇り」というような名前かもしれません。 これだけです。 

2014-11-18 04.10.32-1
これは、Nikonのカメラ(D600)の画面ですが、たいていどんなカメラも撮影メニューみたいなところにあります。

2014-11-18 04.11.06-1
ホワイトバランスを「曇天」に。
カメラによっては「曇り」のような名前の場合も。とにかく曇っているとき用の設定にします。

2014-11-18 04.10.32-1 whitebalance
↑ 左が「曇天」、右が「晴天」モードの写真。

アングルがちょっと違うので比較にならないかもしれないけれど。。写真全体の色の雰囲気が右の方が軟らかい印象になっていると思います。
右はザ・スナップ写真というか、味気ないというか。服なんて「洗濯で色落ちたの?」っていう感じがする。。
左は肌の色も軟らかいし、全体の色味がナチュラルな感じがします。

どっちがいい写真か?飾りたくなるか?と言うと左じゃないかなと思います。写真の雰囲気的に。

この写真を撮った日は晴天だったので、普通なら「晴天」モードにしたくなりますが、「晴天」モードにすると、こういう風に色がはっきりくっきりでて、どちらかと言うと味気ない感じの色味になるんです。
なので私は、特に人を撮るときは晴天でも「曇天」モード。

もちろん人物以外のものも「温かみがある雰囲気」を出したいときは有効なモードです。

 ホワイトバランス

一応ホワイトバランスの簡単な説明をしておくと、「色味の調整」です。

光の色って実は照明や天気によって違うので、その色味を白を基準に調整するのがホワイトバランスです。多分w 厳密に言うといろいろあるでしょうが、趣味で写真をやるレベルならそんな理解で十分だと思います。

 なんかいい写真が撮れないなと言うときに

せっかく一眼レフを買ったのに、ミラーレスを買ったのに、カメラはいいはずなのになんか「普通の写真」しか撮れない。。
と思うことは無いでしょうか。
私は以前そうでした。もちろんプロ級まで求めませんが、自分が思ういい写真、きれいな写真が撮れないなぁと。ザ・スナップ写真になるんですよね。味が無い写真というか(それでアプリなどでフィルターをかけたくなる)

もちろん、ただ写真を撮るというだけ、記録に残すというだけなら「オート」の設定でいいと思うんですが、せっかくいいカメラを買ったならカメラの力を最大限に活かしたい。

そういう時にちょこっと試してほしい設定です。完全オートからちょっとだけ脱却。

ま、大抵のカメラは完全オート以外に「ポートレートモード」とか「スポーツモード」とか撮影場面に応じた設定があるので、それでいいじゃないかという話もあるけどw

自分でカメラの設定をやってみたい、やっているという人にオススメの設定です。

 

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す