乳児突発性発疹と熱が続くときの受診の判断ポイント[家族のキロク]

乳児突発性発疹と言えば、たいていはまだ授乳中に、しかも産まれて初めての病気がこれだったという子も多いと思います。

熱がしばらく続きその後熱が引いた後に発疹が出るという病気。

うちの息子は、今年、4歳でかかりました。。
まさか。ここまで遅いとは。。発疹が出るまで誰もこれっぽちも突発性発疹とは思わず。

また、4歳まで成長してからかかったせいか、症状も重かったような気もします。って、平均を知りませんが。。

ということで、もう2度とかからない突発性発疹ですが、この時学んだことが一つ。

それは、高熱が続いたときの病院への再受診や緊急外来などのボーダーラインというか決め手。

保健師である母に聞いたところ、迷った時のボーダーラインは「意識があるかないか」だそうです。

アドバイスに従い、意識はちゃんとしていたのでその日は様子をみて受診を控えたところ、次の日に熱は下がりました。そして、発疹が出て、乳児発疹が発覚。。。みんなびっくりでしたw

病院には行っているし、もらった薬も飲んでいるのに熱が40度付近から下がらず、解熱剤が効いているときだけ一瞬下がって薬の効き目が切れるとまた上がる、ということを3日くらい繰り返し、
「毎日のように病院に行っているし薬は飲んでいるし、もうすこし薬を飲んで様子を見るべきなのか?」
また、夜間などだと、
「緊急外来を受診したほうがいいの?」
と思ったり。

しかし、別に悪化しているわけではなく、ただ熱が下がらない。しかも昨日も今日も小児科を受診しているとなると迷います。
こういう窮地の時って判断力も鈍るし、鈍っているんだろうなと思うと余計にわからなくなってきて。。

「迷ったら受診すればいい」という考え方もあるとは思いますが、熱でぐったりの子供を意味もないのに連れ出して、病院の待合室で待たせてというのが、受診の意味がなかった(結局「このまま様子を見ましょう」で終わってしまう)場合にはただ、病気の子どもに負担をかけただけになるということをしたくないんですよね。

特に、私には専門家である母の意見が聞けるからという気持ちがあって、こういうシチュエーションで迷うのかもしれませんが。

もう熱はできる限り出してほしくはないけれど、きっとまた同じような思いをする日や夜は来るのでしょうね。。
その時の参考にしたいと思います。

 

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す