時間が無いとき、旅行先で、アイロンを使わずに服の皺を取る5つのライフハック

6445950259_24944a6933_b

前の日にやっておけばよかったのに、朝になってアイロンの必要性に気付く忙しい朝。。。
アイロンってなぜあんなにめんどくさいのでしょうか?w
スーツを着て仕事に行く人がいない我が家ではアイロンはごくたまにしか登場機会がありません。
そのため、「アイロンを出す」という行為が何か非日常。別に取り出しにくいところにあるわけじゃないのに。

そしてコンセントに指して、水を入れて。。とちょっとめんどくさい。

また、旅行にはあまりアイロンが必要になる服は持っていかないのが常識(?)ですが、出張などでスーツを着るならそんなことは言っていられない。。

皺を取るスプレーも売ってはいますが、持ってないとき。

そんなとき、覚えておくとよさそうなライフハックの記事を見つけたので自分の備忘録に書いておきます。

 1. 硬く絞ったタオルで押さえて伸ばして乾かす

1)平らなところに皺になった洋服を置く
2)硬く絞ったタオル(ペーパータオルでも可)を押さえつけながら伸ばす
3)乾かす

これは、時間が比較的あるけれどアイロンが無い場合に有効そう。
また、服全体にというよりは、部分的にアイロンをかけたいときなどによさそうです。

 2. ヘアドライヤーを使う

1)皺になった洋服をハンガーにかける
2)半歩離れた場所から、皺がなくなるまで服にドライヤーを当てる

これは家でもできる方法。子どもが面白がって手伝ってくれたら最高ですw

 3. シャワーを浴びている間に

1)バスルームやシャワー室のドアや窓はしっかり閉める、換気扇も消す
2)しわになった服を感がーにかけ、シャワーがかからない場所にかける
3)いつも通りシャワーを浴びる

一石二鳥な方法。旅行先でも有効ですね。
ただ、うっかりシャワーで濡らしてしまわないように注意。

 4. スプレーを使う

1)広い場所にしわになった服をつるす
2)30cmほど離れて水(もしくは衣類用のスプレー)の入ったスプレーをかける

ちょっと離れてかけるところがポイント。

 5. 湯気を利用する

1)やかんなどでお湯を沸かす
2)やかんから一歩離れてしわを取りたい部分に湯気をあてる

これは、部分的に皺を取りたいときに有効。

 

 

 

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

One Comment

コメントを残す