キリンのクラフトビール”Willy”

以前紹介したキリンが手がけるクラフトビールのプロジェクト、SPRING VALLEY BREWERYから、9月に予約していたWillyがやってきました!

SPRING VALLEY BREWERYは2015年春の発売をめざして醸造がすすめられているキリンのクラフトビールのプロジェクト。
全4種類のビールがあり、銘柄名は”496″、”Willy”、”JZB”、”White Valley”。が、すべてのビールがソールドアウトになってしまっています。

今回届いたのは”Willy”、予約した人には11月に”JZB”、12月に”White Valley”が順次発送される予定だそうです。

2014-10-25 17.17.51
 ラベルが「開発中」って感じでとってもおしゃれ。

 

2014-10-25 17.18.18
王冠に何も印刷されていないのがとても新鮮です。

2014-10-25 17.19.09

 

きれいな琥珀色。実物はもうちょっと色が濃い気がします。

味は、しっかししているという印象でした。
ビールの種類がピルスナーという一般的に販売されている、いわゆる普通のビールなのでとても飲みやすい。
クラフトビールは結構香りや味に癖のあるものが多いというか、クラフトビール=癖があるというイメージがつよいですが、これはそんなことはありません。

アルコール度数が5.5%で、5%のキリンの一番搾りに比べると0.5%だけの違いの割にはアルコールがちょっと強めだなという印象がありました。で

でも、全体的にとても飲みやすく、でも味がしっかりしている、いつもよりおいしいビールって感じ。

香りも素直なビールの濃いバージョン。

これは、来春の一般発売が楽しみです♪

実は、続く、”JZB”も”White Valley”も予約済み(*^_^*)
特に”White Valley”はクリスマス仕様のパッケージで届くみたいで楽しみ♪

 

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す