PMS(月経前症候群)は漢方で楽になるかも!

今日は女の子のお話(*^_^*)

それほどひどくはありませんが、私もいわゆる生理痛はあります。
鎮痛剤で痛みは抑えられますが、気分や食欲倍増、むくみなどは鎮痛剤ではどうにもならず。。

それが歳を重ねるごとにだんだんとしんどくなってきました。。

それほど深刻ではないものの、もう、この自分の体の変化、心の変化に付き合うことが自分自身で辛くなってきたというか、疲れてきまして。。

ピルを飲むと避妊だけでなく、PMS(月経前症候群)や生理痛を和らげる効果もある

と言う話を耳にして、婦人科に処方をお願いしに行ったところ、意外な答えが。。

 「PMSなら漢方でも効く人は効きますよ」

避妊として考えるなら漢方はだめですが、PMSに対応したいのなら漢方でも効くとのこと。
効かない人もいるらしいですが。
また、PMSであれば、どんな症状でも、例えば、むくみ、頭痛、食欲増加、イライラ、落ち込み、疲れやすいなどなんでも効くそうです。

 婦人科の先生に聞いたピルのデメリット

私が相談した婦人科の先生によれば、

・飲むのを2日以上忘れてしまうとピルの効果はふりだしに戻る
・血栓の確率が上がる
・そのため、処方に際して子宮頸がん検査、エコー検査、血液検査は行わなければいけない
・定期的に↑の3つの検査は必要になる
・漢方に比べて値段が高い

というデメリットがあるらしく、避妊を目的としていないのならまず漢方を試してみてもいいのではとのことでした。

特に、子どもがいるとなにかとバタバタして薬を飲み忘れちゃう人が多いのだとか。

その点も、漢方を勧められた理由。

 とりあえず漢方を2週間試すことに

2014-10-19 15.58.59

ということで処方してもらった漢方がこちら↑
加味逍遥散料(カミショウヨウサンリョウ)という漢方。一日2回、朝と夜の食前に服用。

ちなみに味は漢方らしく苦いです。飲むのに苦労するほどではないですが、ちょっと香ばしいような感じのにおい。

とりあえず、これで解消されるか試してみます。また結果はここで報告しようかな。
こういうのは人によって効くか効かないかが分かれるので、私が効いたか効かないかは参考にはならないとは思いますが。。

体のためにも、ピルよりは漢方の方が負担が少ないような気はしています。
また、安いというのもうれしいし、「ピルは太る」という話も定説としてあるので、因果関係ははっきりしていないという話ですが、ちょっと心配。

漢方ならそういう副作用もないはずなので、効くといいなぁと思っています。

 なんでも一度専門家に相談してみる価値はある

今回は、悩みを相談するつもりで婦人科を受診したわけではなかったのですが、こういう結果になって、
「何でも相談した方がいいな」
と、強く思いました。

それほど、自分自身、自分のPMSが深刻だとは思っていなかったのだけれど、「楽になるならピルを飲んでみよう」と思ったということは、やっぱりつらかったことに間違いはないわけで。

「女なんだし」と当然のように考えていたけれど、もっと早く相談してみてもよかったかなと思いました。

深刻だという自覚がないと、わざわざ病院に行くなんてと思いがちだけれど、受診して損はないですね。

これは、病院に限らず、ほかのことでも言えること。かかる費用や時間にもよるけれど、それが許容範囲だとか公共のサービスで無料で相談できるチャンスがあるなら一度専門家に相談することって大事。

これで毎日がもっと楽に楽しくなればなと思います。

PMSや生理痛に悩んでいるとかもっと楽になればうれしいと思っている方は一度婦人科で相談する価値はあると思います。

 

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す