ランニングの前にやっておくと怪我を防げる4つのヨガポーズ

1年ほど前、それまで半年くらいほぼ毎日続けていたランニングをやめました。
が、最近また始めましたw

理由はまた別の記事にしようと思います。。
今日は、ランニングにはつきもの(?)の怪我、故障を防ぐヨガポーズの紹介。
走る前に行います。

Circling-Three-Legged-Down-Dog
↑ ダウンワードドッグ(下向きの犬のポーズ)で息を吸いながら片足を上げ、円を描きます。
息を吐きながら足を下へ、足が上がるときに息を吐きます。2,3呼吸の間続けます。
逆周りでも行って。
両足行います。

効果:骨盤、ハムストリングスを開く。脚、足首、足の血行を良くする

Arching-Down-Dog-Knee-Chest (1)
↑ ダウンワードドッグのポーズで息を吸いながら片足を上げ、曲げます。そのまま5呼吸。
次の息を吸うタイミングでかかとが背中に付きそうなくらい曲げ、ひざを胸まで持ってくる。
8回以上行うのが効果的。
こちらも両足。

効果:股関節、ハムストリングス、腰を開く。コアと上半身を強くする

Down-Dog-Tuck-Toe-Up-Dog
↑ ダウンワードドッグから息を吸いながらアップワードドッグ(上向きの犬のポーズ)へ
息を吐きながら元のダウンワードドッグのポーズへ戻ります。
5回以上繰り返すと効果的。

効果:ハムストリングス、ふくらはぎ、腰、首、胸のストレッチ

Dolphin-Dive
↑ ドルフィンポーズ(イルカのポーズ)から、息を吐きながら体を前へスライドさせて平らにします。
息を吸いながら元のポーズへ。
2,3セットを10回から15回繰り返すと効果的。

効果:脚の裏側のストレッチ、コアと上半身を強くする。

 

4種類全部やるということではなく、自分が気になる部分に効くポーズを選んで行うといいかも。

 

ニュースソース: POPSUGAR fitness

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す