足が痛くなる靴かどうかを買う前に知るための5つのチェックポイント

6819030796_675b0faaec_b

役に立ちそうな記事を見つけたので紹介。
どうして女の人の靴、得にヒールって履いてると足が痛くなるんでしょうね?w

ヒールが高いとどうしても足に負担はかかるでしょうが、ヒールが高くても痛くならないのもある!

ということで、買うときにチェックすべき足が痛くならない靴選びのポイント5つ。

 1. 本革、スエード製の靴を選ぶ

化繊の素材は足になじみにくく、靴擦れなどの原因に。
足に合わせて伸縮する天然素材がオススメ。

 2. サイズは親指でチェック

小さすぎる靴は絶対に足が痛くなりますね。
でも、ちょっと試しに履いただけでははっきりわからないことも。
それを確かめるには親指。靴の中で親指を動かしてみて余分なスペースがあることが不可欠。

 3. なるべく色々なところを歩いてみる

デパートなどだと、靴売り場の床が弾力性のあるものだったりして、どんな靴でも履き心地が良く感じてしまう素材になっていることがあります。

可能であれば、そういう軟らかい床ではなく、普通の固い床の上を歩いてみましょう
タイルがあればベスト。

また、その時、足の感触に注意。どこか特定の箇所に圧力がかかっていないかに注意して。

 4. プラットフォーム、チャンキーヒール、ウェッジ、ローヒールを選ぶ

当然ですが、ヒールは太く、低いものの方が高いピンヒールよりは足を傷つけません。
超時間立ちっぱなし、歩きっぱなしになる場合はこういう足が痛くなりにくいヒールを選んだ方が無難。

 5. 夜、靴を選ぶ

朝から時間がたつにつれ足はむくんだりなんだりで多少大きくなります。
なので、一番足がすっきりしている朝に選んだ靴を履いていると、夜にはきつくなって痛くなる。

ということで、できるかぎり遅い時間に靴は選んだ方がベター。

 靴は女の武器!

靴、特にヒールは女性らしいアイテム。ハイヒールを履いてるだけで女が上がった気にもなりますw
また、コーディネートの中でも、「靴だけはいいものを」という場合もあるように、かなり重要なポジションなのが靴。

なので素敵な靴を選ぶのはとっても大切ですが、足が痛くちゃ台無しです。
足が痛いってどうしてあんなに苦痛なんでしょうね?w もう何もできないw

素敵な靴は女の武器ですが、それで自分が傷つかないように、いい靴を選びたいものです。

 

ニュースソースはこちら

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す