30歳までにやめるべき7つの買い物の仕方

84d0afb877d63363d308f60489ac4abb_m
これから30歳を迎える人はなるまでに、もう30歳を迎えている人はやってちゃまずい買い物の仕方。
気になる記事を見つけたので紹介。

 1. 使えるお金以上の買い物をする

誰でも、自分で使えるお金の上限は決まっているはず。
『来月はカップラーメンだけ食べて過ごすから』と言ってもそんなことは付き合いもある大人の女性には無理ですよね。
家族がいるならなおさら。。

カードなど、現金が無くても買い物をする方法はたくさんありますが、よく考えてから。
ディスカウントしてるサイトも沢山あるのでまずは検索を。

 2. ファストファッションでのみ服を買う

ちょっと、耳が痛いけど。。w
ファストファッションは、少ない予算でもたくさんトレンドの服は買えますが、すぐに古臭く感じるようになるものばかりなので、また次の服を買うことになり、トータルで見るとお金がかかることに。

なので、質のいいものに投資することが大切。

 3. 若すぎるアイテムを買う

30歳は大人の女性。大人にふさわしいアイテムを買いましょう。

 4. 何かイベントがあるごとに服を買う

結婚式やその他パーティーなど、おしゃれしていかなければ行けないイベントがあるたびに服を買っていてはそれこそ破産。
イベントを言い訳に買うのはNGです。

すでに持っている服を着まわすか、レンタルという手も。

 5. 「何なら返品すればいい」と思って買う

たまにこういう言い訳を自分にして買い物をするときありますよね。。
ちょっとでもそう思うなら、本当に気に入っていない証拠。

飽きずにずっと使えるものを選んで。

 6. サイズが合わないものを買う

「ちょっときついけど、これを着れるように痩せる!」と、ダイエットの目標にするような買い方はやめましょう。

そうではなく、自分の体型をきれいに見せてくれるものを探す方がずっといい。

 7. 着る機会が無いであろう服を買う

安かったり、デザインがすごく気に入ったりするとつい買ってしまうこともありますが、「いつ着るの?」っていうものを買ってもタンスの肥やしになるだけ。

「これは○○に着て行こう」と想像できるものを買いましょう。

 大人なので考えよう。

ちゃんと考えないといけませんね。欲しいから買う、安いから買うというのはやっぱり浅はか。

また、年相応の見た目というのもあります。似合っていればもちろんいいのだけれど、似合っているかどうかは自分では実はよくわかっていなかったり。。それはまた別の問題だけれどw

私も、ちょっと考えないとなと反省。。。

そして、今日は、ユニクロとヘルムート・ラングのコラボスウェットの発売日。。(←2に該当)
買うべきじゃないのかしら?w 
すごーく気になっているし、スウェットは今からの季節も活躍してくれそうだし、ほら、もうすぐ保育園の運動会が。。(←4に該当。でも、着る機会は絶対あるw)

 

 

ニュースソース:Who What Wear

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す