いい女になろう。『ま、いっか』浅田次郎

高校の頃から好きな浅田次郎さんのエッセイを読みました。
いろいろな雑誌に掲載されたエッセイを集めたものですが、主に女性誌『MAQUIA』に連載されていたもののです。

掲載された雑誌と実はアパレル業界に30年いたという浅田さんの共通点により、ファッションの話が多め。
ではありますが、独特の審美感や旅行の話、出身である東京の文化の話などMAQUIA世代の女性がよりいい女になれそうなお話ばかりが詰め込んである感じ。

「説教臭い」という味方もあるかもしれませんが(MAQUIA側の浅田次郎さんにエッセイを頼んだ意図って多分「説教」だと思う)、大人のいい女は自分の親世代やもっと上の世代の方に接する時に失礼がないというのも条件の一つだと思うので、こういう知識は必要だと思います。

そして、やっぱり一番は読んでいてとっても面白いっていうこと。
とても読みやすく、引き込まれるものがあります。

30年のキャリアがあるということでファッションの話はとても実用的だったりするのですが、全体的に、読んで背筋が伸びます。
「内面を磨かなきゃな」と。心、知性も兼ね備えた人が男も女も美しい。そんなことを考えさせられる一冊。

女性はぜひ!

Posted from するぷろ for iOS.

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す