ヒールでの正しい歩き方7つコツ

23de5b35eacc73d149eba29c77ceb6b4_m

素敵なヒールも大切ですが、歩き方ってもっと大事だったりします。
そして、歩き方って自分では分かっていなかったり。
ためになりそうな記事を見つけたので紹介します。
(ニュースソース:Who What Wear|The Secret To Walking Gracefully In Heels)

 1. かかと→つま先の順に着地

歩くときは、かかとだけをまず地面に付けそしてつま先へという具合に。
決してつま先から地面に付けるとか、足全体を同時に地面に付けるということはないように。

 2. 歩幅は小さく

ヒールを履いているときは自然と歩幅が小さくなるもの。それを意識して。
フラットシューズを履いているときのような歩幅は不自然です。

 3. 急がない

ヒールで速足は見た目がよくありません。
小さ目の歩幅でゆっくりが理想。ゆっくり歩くことで自信を持っているようにも見えます。

 4. 重心はちょっと後ろめ

ヒールで早く歩こうとすると前のめりになって首が前に出るという結果に。これってとってもみっともない。
重心を少し後ろに置くことを意識するだけでそれを防げます。

 5. 目線は先、自分が歩くラインを思い描いて

まっすぐに歩くことがきれいに歩くコツですが、そのためには足元ではなく、自分の進む方向(前方)を見つめて歩いて。
自分がどこへ向かって歩いているのかを意識して、そこまで一直線上を歩るくことを意識して。

 6. 脚をちょっとだけ曲げることを意識する

歩くときにちょっと脚を曲げながら歩くと、体重がしっかりと靴の中にかかり、靴が足にフィットしやすくなります。

 7. 足に合った靴を選ぶ

自分の足に合った靴でなくては自然な美しい歩き方をするのはほぼ不可能。
大きすぎるなら中敷きを入れる、小さいなら靴屋さんで伸ばしてもらうとか自分で伸ばすとかして自分の足に合わないなら合わせるよう努力を。
(結構難しそうですが。。。)

 歩き方は大事

以前勤めていた会社の上司で、正直歩き方が残念だなぁという方がいらっしゃいまして。
あれほど残念な方はあまりお見受けしませんが、すごく老けて見えたり、もしかしてそのせいで体型も崩れるのでは?と思っていました。

服や靴を選ぶことは大切ですが、改めて歩き方って重要なんだなと思ったものです。
なので、一度、自分がどういう歩き方をしているのか、歩いているとき、例えばお店のウインドウに写る自分をチラ見してみるだけでも違うと思います。

特に、冬になると寒いので姿勢が悪くなりがちで、びっくりするような姿勢で歩いていたりするものなんです。
(私はその元上司のおかげ(?)で自分の歩き方を見つめなおしましたw)

歩き方がきれいだと、おしゃれ度も倍増することは間違いなし!今まで意識していなかった人はもちろん、意識していた人ももう一度カツを入れなおすことをオススメします。私も。。

 

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す