ヨガマットスプレーの作り方

自宅用のヨガマットを持っているんだけれど、それほど使う頻度は高くなく(A;´・ω・)、でも、使った後にヨガクラスで使っているようなクリーニング用のスプレーが欲しい。
でも、たまに使うには高いような。。wそして、使い切るのかも不明。。

来週一週間は、体作りの一週間にしようと思っているので、ヨガマットの使用頻度も高くなる予定なので、ますますスプレーが欲しいなと思っていた時に、家で簡単にできそうなレシピを見つけたので自分のメモに。
(ニュースソース:DIY This Yoga Mat Cleaner in 5 Minutes| Brit + Co.)

 

 1.滑らないタイプのマット用(オープンセル構造)


必要なものは↑の4つ。

蒸留水(精製水)・・・ボトルに3/4程度
ホワイトビネガー・・・小さじ1/8
レモン・・・数滴
スプレー容器

これらを混ぜるだけ。

「蒸留水」は、手に入りやすい「精製水」でも大丈夫そうです(精製水なら100円ショップにも売っているとか)。蒸留水の方が純度が高いそうですが、ヨガマットなのでこだわらなくてもよさそう。
レモンはボトル入りの「レモン果汁」でよさそうですよね。

ただ、ホワイトビネガーは普通の日本のお酢より匂いが無いそうなので、スプレーに使用するにはちゃんとホワイトビネガーを選んだ方がいいかも。
普通のお酢として料理に使えるので、余ったのはどうしようということはなさそう。
輸入物のホワイトビネガーならキッチンのインテリアにも〇?!w

 2.クローズドセルタイプのマット用


こちらも材料は↑の4つ

蒸留水・・・ボトルに3/4程度
ウィッチヘーゼル(ハマメリス水)・・・小さじ1/8
エッセンシャルオイル・・・数滴
スプレー容器

ウィッチヘーゼルは、以前紹介しましたが、とっても優秀な化粧水なので持っていて損はないと思う!
(→毛穴、吹き出物の肌トラブルにハマメリス水の化粧水がオススメ!

 マットのタイプについて

クローズドセル構造、オープンセル構造という分け方がしてありましたが、日本で売られているマットのほとんどはオープンセルタイプのようです。

また、特にそこまで気にしなくてもいいような気がします。個人的には。

 早く使い切った方がよさそう

こういう手作り系はたいていそうですが、防腐剤を入れないのでおそらく痛み易いと思います。
それを防止するために蒸留水を使用しているのだとは思いますが、いろいろ混ぜるのでやっぱり早く使い切るのがベストな気がします。

 

[amazonjs asin=”B001QD5XHK” locale=”JP” title=”ハインツ ビネガーホワイトディステル 473ml”]
[amazonjs asin=”B0085E6L6A” locale=”JP” title=”セイヤーズ(Thayers) レモン ウィッチヘーゼル 355ml 海外直送並行輸入品”]
[amazonjs asin=”B005Q48M64″ locale=”JP” title=”【第3類医薬品】精製水Pワンタッチ式キャップ 500mL”]

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す