ママの参考になりそうなコーデ

ママコーデの参考になりそうな気になるコーデを集めてみました。

 ラインスリーブ

WS3A7896
↑ “Atlantic-Pacific

designers-outlet-roermond-1
 “Raspberry & Rouge

最近、気になるのが、袖にラインが入っているトップスもしくはワンピース。
スニーカーとかトレンドのスライドサンダルでスポーティさを出して着るのがいいみたい。
こういうカジュアルは、気取らず着れそう。

 デニムショートパンツ

AndyTorresVendome
↑ “Style Scrapbook
Le-Fashion-Blog-New-York-Street-Style-Summer-Casual-Cut-Offs-Silver-Sandals-Via-WGSN
↑ “Le Fashion
L1017794
 “Soraya Bakhtiar

暑いはショートパンツが履きたくなりますね。
ショートデニムパンツはいかにさらっと、いやらしくなく、多少のきちんと感が出せるかだと思うんです。
やっぱり、ジャケット、ヒール、ブラウスなどきちんとアイテムを足すこと。
あと、スニーカーを足して逆にカジュアルに重心を置いて着るか。
とは言え、着る人の雰囲気やスタイルも影響するアイテムであることも確か。
こういう、露出が多くなるアイテムは、歳を重ねていくほどに、勇気だけでは着こなせないアイテムですね。

 ルーズフィットのパンツ

lovelypepa19
↑ “Lovely Pepa

ルーズなシルエットのパンツは裾が絞るデザインのものが今年っぽい。
この写真はサテン生地ですが、これをレザー(もしくはフェイクレザー)のパンツにしてもよさそう。
こういうパンツはトップスはブラウス系かなぁと思っていたけど、ジャストサイズのTシャツもいいですね。

 ポロシャツ

citizens-of-humanity-boyfriend-jeans
↑ “Raspberry & Rouge

ポロシャツってなかなかおしゃれに着こなすって難しい。
この着こなしはかなり参考になりそう。
セーターを肩にかけるプロデューサー巻きはトレンドではありますが、ポロシャツのスタイルに取り入れるとすごく、80年代の本当のプロデューサーみたいになっちゃっうので、トップスを使ってアクセントをつけるなら腰に巻くのが正解。
(ちなみに、今でもプロデューサー巻きをしている本物のプロデューサーやディレクターはいるそうですw)
ポロシャツも、ジャストサイズでキレのある着こなしを。

 足元のスネークプリント

DSTLD-8
↑ “ALWAYS JUDGING

最近、スネーク柄(パイソン柄)を足元に取り入れるのがじわじわ来ている感じがします。
オールホワイトや無地のコーデなどに合わせるとアクセントにもなり、蛇柄の奇抜さというか派手さというかが抑えられるという相乗効果が産まれています。
また、この季節、サンダルなら、蛇柄の面積が小さくなるので比較的取り入れやすい。

 オーバーサイズからジャストサイズへ移行している感じ。

いままで、ボーイフレンドデニムから始まり、大き目サイズのTシャツなど、オーバーサイズで合わせるのが定番となっていたような気がしますが、これから秋にかけて、特にトップスのジャストサイズ化がみられる予感。

色々と気になるプリントやアイテムなどなどは出てきていますが、一番気を付けたいのはサイズ感だなぁというのが、日々ファッションブロガーのブログをチェックしていて思うことです。

服のサイズはコーディネートのバランスに大きく影響してくるので特に気を配りたいところ。

オーバーサイズは結構だらしない印象になってしまうことも多いので、きちんと感が出せるジャストサイズはママにはうれしいトレンドかも。

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す