オススメのお土産・お持たせの選び方

 

 

 

 

 

 

 

 

明日から3連休!
また、これから夏休みを取って、お出かけや帰省でお土産、お持たせが必要になる人も多いと思います。
結構悩んだりする(?)、お土産、オススメの選び方を紹介したいと思います。

 ゆしま 花月のかりんとう

2014-07-18 05.07.46

「選び方」と言っておいて、いきなり具体的な商品の紹介ですがw、理由は後程。

最近の私の定番とまではいかないけど、お気に入りのお土産↑。
とてもおいしいし、パッケージもこんな感じでかわいいのでおすすめ(金魚の柄は期間限定)。
ゆしま 花月はかりんとう、おかきの老舗です。
お店のたたずまいも伝統的な順和風。
店舗も湯島の一店舗のみですが、オンラインショップがあり、百貨店の催事などでも不定期で登場するとのこと。

じつは、この花月さんは東京のかりんとう御三家の一つ(All Aboutより)。
「東京=かりんとう」という発想は(少なくとも私には)ありませんでしたが、実家の母や妹がかりんとうが好きなので検索してみたという次第ですw
で、御三家の中で一番立ち寄りやすいのがこの花月さんだったというだけなんですが。
ともかく、おいしくておすすめ!

 お土産選びは「珍しさ」と「好み」がポイント

前置きが長くなりましたがw、本題。
お土産はやっぱり、相手に喜んでもらえることが第一ですよね。
なので、相手の好みを考慮するのは大事。

それと、特に遠方へのお土産なら「珍しさ」。
とは言っても、今はどこにいても各地のモノが簡単に手に入る時代だし、大きな駅や空港などのお土産屋さんに置いてあるものって、パッケージや多少の違いはあっても、「結局なんか同じかんじ」。
なので、あえて、空港や駅には置いていない、できれば、地元に根付いている感のあるお土産がおすすめ。

探してみると、案外、家の近くに昔からやってるような老舗のお菓子屋さんてあるものです。
下町にはより多いですね。

お土産って本来「珍しいもの」だと思うので、ちょっと手間はかかったりしますが、そういうものを選ぶとより気持ちが伝わるんじゃないかなと思います。

 近場へのお持たせも「逆の珍しさ」

例えば、東京に住んでいて都内のお宅へ伺うとき、私はあえて「東京土産」を選んだりします。
「結局なんかおんなじ感じ」なのではありますがw、おいしいし、先方も同じ都内からのお持たせにそこまで珍しさは求めませんよね。
そこがお土産とお持たせの違い。

ただ、プチサプライズ的に、多分食べたことがない、もしくはめったに食べないだろうという、「逆の珍しさ」を狙っての東京土産です。
東京駅とかに売っている、東京バナナとかごまたまごとか、原宿ショコラとか。
ただ、こういう「ザ・お土産」はちょっと年配の方には失礼かな。カジュアル過ぎる気もします。
友人限定でしょうかね。
年上の方には高級版なら違和感ないかな?チーズケーキとか。

 お土産選びも楽しんで

お土産やお持たせに限らず、贈り物は気持ちをあげるものだと思うので、自分もあれこれ楽しく考えて選ぶのがポイントかなと思っています。
「あれ好きって言ってたよな」とか「あれがおいしいから食べてほしいな」とか。

そういう相手のことを考えながら、お土産選びから旅(帰省)やお出かけを楽しみたいなと思います。

ではでは、よい3連休を!

 

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す