せっかく運動するんだから。やっておくべきエクササイズをもっと効果的にする4つのこと

夏が近いからという理由で運動している人、日課として運動している人、いろいろいると思いますが、
その運動をもっと効果的にできる方法があるそうです。

Women’s Healthより

 1.運動前に何か食べる

しっかり力を出せるように、「食べたんだから」と頑張れるように、何か食べておいた方が○。
オススメメニューは、
バナナとピーナッツバターのトースト、
フルーツと野菜のスムージー、
など。
軽めだけれど糖質が含まれているものがいい見たいです。

 2.水分はしっかり摂る

運動前、運動中、運動後にしっかり水分補給をして新陳代謝を上げましょう。

 3.エクササイズローラーで筋肉をほぐす

[amazonjs asin=”B003XM6DX0″ locale=”JP” title=”EGS(イージーエス) フォームローラー カバー付き PK EG-3085″]
こういう↑エクササイズローラー(バランスポール、フォームローラー)で、運動後に筋肉をほぐしてやると次の日の筋肉痛も軽減できて一石二鳥。
calves
こんな感じで脚の後ろでゴロゴロしたり背中の下でゴロゴロしたり。

ポールがあると簡単にできるということですが、要はきちんと筋肉をほぐすという工程を入れるということ。
ポールが無くても、ストレッチやセルフマッサージでしっかり筋肉をほぐしてあげればOK。

 4.運動後はエネルギー補給を

運動した後は、エネルギーの補給も大切。
もちろん食べ過ぎてはだめだけれど、筋肉を再構築するためのプロテインを含んだ食べ物が○。
オススメは、
フルーツ+オーツ麦+ピーナッツバターのシリアルボール、
ドライアプリコット、
レーズンとピーナッツ、
など。
食べるといってもかなりヘルシーかつナチュラルなものがいいみたい。
ポイントはフルーツに含まれる糖分と植物性のタンパク質。
ソイジョイみたなものもよさそうですね。

 まとめ

運動すると筋肉は壊れているそうで、壊れた筋肉をまた再生することでいわゆる「筋肉がつく」そうです。
なので、引き締まった体を手に入れるには、運動で筋肉を壊したあとは、その再生がスムーズに行われるように栄養補給が必要なのだそうです。
そこで食べ過ぎでは全く意味がありませんが、全く何も食べないよりは食べた方がいいみたい。
難しそうだけどw、運動が効果的になるならやってみる価値はありそうです。

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す