知っておくべきメイクの10のコツ


メイク歴も長くなると自分のスタイルややり方って決まっちゃいます。
やり方が決まると短い時間でも完成できるのはいいのですが、ただ「やりやすい」方向へのみ流れてしまって実はメイクのできを悪くしていることも。。

ここらでちょっと基本のおさらいというか、改めて学習してみたいと思います!

ニュースソースはこちら↓
10 Makeup Tips Every Woman Should Know – How to Apply Makeup – Elle

1. コンシーラー

コンシーラー(もしくはファンデーション)をベースメークの段階でまぶたに塗らない!!
その後のアイメイク(アイシャドウなど)がムラになって筋が入ります!

2. ファンデーション

しっかりカバーするならファンデーションは指で塗って。
カバーの程度を下げたいならその後ブラシを使うと○。

3. パウダー

明るく見せたいとこと、例えばTゾーンに1番最初にパウダーを乗せること。
その他の部分は軽ーく。

4. ブロンザー

肌のトーンを均一に見えるように顔、首、胸にブロンザーを。
全体を鏡で見て均一なトーンになるように。

5. チーク

まず微笑んで頬の1番高い所にチークを乗せ、それから耳の上の方向に向かって、次に顎のラインへ肌と馴染ませるようにチークを乗せます。

6. アイブロウ

必ず眉の高い位置へ向けてペンシルまたはパウダーを乗せて。
顔の印象をリフトアップしてくれます。

7. リップ

塗った時に上唇の山が強調されるカラーは避けて。
また、口角では唇の端のラインをはみ出さないように(口裂け女防止)!

8. アイシャドウ

必ず最初に自分の肌に近いカラーをまぶた全体(眉の下まで)に乗せること。
暗いカラーのアイシャドウの馴染みをよくします(まぶただけ浮いて見えない)。

9. アイライナー

できるだけ鏡を近くに寄って、頭は動かないように。顎を鏡の方へ突き出して、目頭から目尻へ一気にラインを引きます。

10. マスカラ

ダマになったりぼてっとさせないために、マスカラのブラシをまつ毛の根元からジグザグさせながら上へ持ち上げてマスカラを乗せて。

どうでしょう?
私は結構知らないことややって無いことが多かった!!
慣れというのは時に怖いもの。。
メイクは自己流もアリな世界なので基本も外しがちというか、そもそも誰かが教えてくれるものでは無いので、基本を知らなかったり。。

これからいつものメイクを気をつけてみよ!!

Posted from するぷろ for iOS.

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す