意外と知らないiPhoneの便利な4つの裏(?)技

*iPhone好き、Apple好きの方には当たり前すぎるお話です。
iPhoneって知って無いと損するのに自分から調べないと一生知らないであろう技がたくさんありますよね?
私は特にiPhone大好きでApple大好きで。。っていう人間ではないのでその辺り詳しくありません。AppleもiPhoneも好きだけど。

そんな普通のテンションで、メカに強くない私が最近知ったiPhoneの便利な使い方を紹介します。

1. 「↓↑→←」の入力の仕方

AndroidからiPhoneに乗り換えた当時、絵文字の、⬆️こういう矢印はあるけど普通の記号の矢印がない!って思ってたけどw、
「やじるし」って文字で入力すると出てくるんですね。

2. 「やり直し」の方法

文字を入力していて、間違って消しちゃったとか間違って「ペースト」押しちゃってペーストしちゃった長い文章とかURLを削除しなきゃならないって時、「やり直し」とか「戻る」ボタンが欲しい!ってなります。

そういう、「あー、ごめん。今の無しで!」ってなったら、
iPhoneを振ります
すると、


こんな表示が。
ここで「取消」をタップすれば元通り!

3. キャプスロックの仕方

例えば、クレジットカードの名義を入力するとか飛行機のチケット予約の名前のローマ字入力とか全部大文字でアルファベットを入力しなくてはいけないとき。
キーボードの矢印をダブルタップします。
素早くぽんぽんと二回タップです。


すると、


矢印の下にラインが一本入って、これがキャプスロックの印。

4. ボリュームのプラスボタンはカメラのシャッターボタン

カメラを起動するとシャッターは画面にありますが、iPhoneの側面にあるボリュームのプラスボタンを押してもシャッターが切れます!
画面のシャッターボタンでは手ぶれしてしまうというときに使うと便利!

iPhone好きの人には常識ですが。。

そうでない人には結構知られていないのでは。
説明書がないし、なくても使えるシンプルさ、ダイレクトさがウリのiPhoneですが、便利な使い方を知らないと不便ではなくても損はしますね。

もっともっと知らない技はあるはずですが、これだけでも私には大発見w

また便利な使い方を見つけたらアップします。

Posted from するぷろ for iOS.

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す