7つのGジャン着こなし術

*このブログはアラサーママに役立つファッション、ライフスタイルなどなどの情報をお送りしています。。

この春はもう、デニムデニムというのはずっと言っていますが、今日は、誰でも一着は持っているデニムのジャケット(Gジャン、ブレザータイプなど)の着こなしの7つのコツを紹介です。
(ニュースソースはこちら

 1. オーバーサイズにショートパンツを合わせる

main.original.466x530
オーバーサイズのGジャンなら、ボトムスはボリュームの少ないものを
これはナチュラルなセーターとショートパンツを合わせたスタイル。
タイツを履けば、ママも露出を気にしなくてもOK。

 2. ブレザータイプ+ベルト

main.original.466x530 (1)

こういうブレザー型もオーバーサイズがトレンドのよう。
丈が長いとだぼっとして、太って見えがちですが、ベルトを締めればウエスト細効果

 3. 派手Tシャツとスキニーパンツでスポーティースタイル

main.original.466x530 (2)
着古した感のあるGジャンが○。
かなりダサいシルエット(↑これは袖が絞ってある)のGジャンのほうが今年っぽいのかも。
スキニーボトム、ブーツとスマートな、辛口なアイテムで「ダサさ」が「スパイス」に変わってます。

 4. Gジャンをインナー、普通のシャツとして着る

main.original.466x530 (3)
新しい(?)着方。Gジャンのボタンを上まで締めて普通のシャツみたいに着てみましょう
ブレザーを羽織ればますますシャツっぽい。
今すぐできるおすすめテクニック

 5. 腕まくり

main.original.466x530 (4)
以前にも書きましたが(→簡単垢抜けテク)腕まくりをするだけで印象がガラッと変わってシックに。
ブレスレットや腕時計が見えるとさらに効果的

 6. ダメージGジャン+ブラックワンピ+スニーカー

main.original.466x530 (5)
Gジャンのダメージとスニーカーでワンピもかわいくなり過ぎない
「かわいいママ」になれますね。
さらにスニーカーならクールに見えるし、子供も追いかけやすい

 7. Gジャン+派手スカート=派手さを中和

main.original.466x530 (6)
派手なプリントやカラーのスカートも、Gジャンと落ち着いたカラーのトップスで存在感はあるけれど派手すぎないコーデに。
「ママだから派手になりすぎるのは。。でも、地味にもなりたくない」というママ心に答えてくれるテクニックです。

 デニムジャケットは中和アイテム

Gジャンはカジュアルの代表選手。
カジュアルなコーデに合わせてしまうと気合の入ってないただのカジュアルスタイルになりますが、派手なアイテムやきれい目アイテムに合わせるとそれらをうまく中和して「ちょっとおしゃれなカジュアルお出かけスタイル」くらいにしてくれます。

デニムジャケットは誰でも持っているアイテムなので、腕まくりをするというちょっとしたテクから、ワンピに合わせる、派手スカートに合わせるというコーデテクまですぐに試せます!

おすすめアイテムというか、つかw無きゃ損なアイテム!

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す