ブラック&ホワイト

この春は、冬からのモノトーンのトレンドが衰えません。
ブラックとホワイトばかり。
桜にも映えそうなモノトーンのコーデを集めてみました。

 オールホワイト


Anouska Proetta Brandon



↑ “Fashion Me Now

トレンドのオールホワイト。
ホワイトのパンツは脚が太く見える恐れがあるので注意が必要ですが、スカートにすればそういう意味でのハードルは下がりそう。
パンツならスキニーよりもチノパンぽいモノの方がすっきり見えるかも。

 オールブラック


 “THEFASHIONGUITER
やっぱりちょっと冬っぽさは否めません。。

↑ “Lovely Pepa
トレンチのベージュが入っていますが、やっぱりオールブラックより春らしい色が入っていた方が季節感はありますね。


 “Collage Vintage

ミニスカートや軽いセーターなど肌の露出や素材で春らしくなります。

  ブラック&ホワイト


 “Brooklyn Blonde
やっぱり春はボーダー。
このコーデはセットアップじゃなく、微妙にボーダーの幅が違う上下を合わせたところがミソ。
これがセットアップみたいに同じ幅のボーダーだとちょっと野暮ったいはず。
違いは微妙ですが見た目は段違いです。


 “Raspberry & Rouge
ブラックの割合が多いとかっこよくなる。


 “See Want Shop
ウォッシュをきかせたシャツなので厳密にはホワイトまではいってないのかもしれませんが。
パンプスがピンクベージュで肌色に近い色なのでシャツとワンピの存在が引き立ちますね。


 “Fringe and Frange
かなりラフに決めているコーデ。
ホワイトパンツに抵抗がある人も、こういうカットの入ったデザインなら脚の太さが目立たないかも。
パンツのシルエットが太いのでカットが入っていてもセクシーになりすぎないですね。

 ブラックは素材と丈、ホワイトはシルエット

春にブラックを着るなら、「衣替えまだなの?」って思われないことが大切
「春らしさ」はやっぱり必要です。
ブラックというカラー自体が冬のカラーとして定着しているので、素材と丈で勝負。
ミニスカートやクロップ、7分丈などちょっと露出が多くなるものを選ぶ、サマーニットなど見た目に軽い印象を受ける素材を選ぶことがカギ。

ホワイトは膨張色なので、太く見えることが何点。
細身の人は問題ないけれど、気になる人は、特にパンツはしっかり試着をして自分が履くとどう見えるかをきちんと把握してから買った方がいいと思います。

いいとこどりはブラックとホワイトの両方のカラーを使ったコーデかな。
ただ、パンツとトップスのブラックとホワイトコーデなら、パンツをホワイトにするのがトレンドですね。
パンツをブラックにするならトップスもブラックというのが最近ぽいです。

どちらにしても、ブラックとホワイトはかっこよく着こなせるカラー。
大人女子にはもってこいのカラーです。

 

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す