知らなかった!ヘアピンの使い方、使い道20

誰でも持ってるヘアピン。
後れ毛を留めたり、ヘアアレンジをしたりするのに重宝しますが、思っていたより使い道はある!
正しい使い方も実は知らなかったり。

役に立ちそうな記事を見つけたので紹介!
Bobby Pin Hacks – Ways to Use Bobby Pins That Will Change Your Life – Cosmopolitan

1. 正しい使い方


波を打っている方が頭に当たるように使うのが正しい使い方!
その方がしっかり髪を留めてくれます。

2. ヘアスプレーをピンにかけてから使うと髪の毛が滑らない

ドライシャンプーでも可。

3. ピンを髪の毛をまとめる方向に滑らせて留めると髪の毛がしっかり固定される


↑静止画ではわかりにくいですが、この写真だと、ピンの先を指で開いて髪の毛に挿し、そのまま髪の毛の流れに沿って左へ移動させて留めています。
リンク先は動画なのでそちらで確認することをお勧めします。

4. 三つ編みの毛先を留める


三つ編み、フィッシュボーンの毛先に結び目を作ります(糸に結び目を作るのと同じように)
そのあと、その結び目の中に下から上へピンを挿し入れるとヘアゴム無しで三つ編みが留まる!

5. 耳の後ろにピンを指すとサイドの髪が顔にかからない

耳のすぐ後ろの髪の毛をピンで留めるだけ。

6. 小さな三つ編みを留める


三つ編みをピンではさんで編んでない髪に固定する感じ。

7. ピンが見えないようにねじった髪を留める


ねじった髪の毛の下にピンが入り込むように髪の毛の流れに逆らう方向にピンを挿し入れる。
髪がうまく止まらないときは大きいピンに変えるか、もう一本すぐ下にピンを挿して補強してみて。

8. ポニーテールの根元に髪を回して留める


ポニーテールを作ったら、だいたい小指の太さくらいの量の髪の毛を根元に回すのがコツ。

9. ピンでハッシュタグ


色つきはかわいいですね。

10. ピンで三角形を作る


両サイドの髪を後ろでクロスさせ、まず底辺になる横のピンを挿してから、右の斜めのピン、左のピンを挿すという順番。

11. ピンでジグザグを作る


前髪を後ろへ流して、まず上へ向かってピンを挿して、そのピンのカーブを通す形で下向きのピンを挿す。
この繰り返し。

12. ピンで×印を作る

13. 編み込みの間にピンを挿して崩れ防止に


レイヤーを入れている人で三つ編み、編み込みしたい人はこの手で。
編み終わってからピン。

14. ポニーテールをより美しく


写真の要領でポニーテールの下側(隠れる部分)に上から下へ向けて2本か3本のピンを挿して。

15. アイロンで巻いた髪を長持ちさせる


アイロンで巻いたらすぐに髪を指でカールさせてピンで留めておく。
冷めるまで待ってからピンを取るとカールが長持ちします。

16. 横に流す一つ結びをボリューミーに


サイドと頭頂部の髪を後頭部でピンで固定。
そのあとサイドに流してくくるとボリュームが出ます。

17. フェイクボブ


一度カールさせた方がいいみたいですが、ロングヘアの人は遊べます。

18. ピンの収納はお菓子ケーキが便利


写真はTic Tacというミントのお菓子だそうですが日本未発売。
似た感じのお菓子ケースありそうですね。

19. ネイルのドットを描く

20. つけまつげのノリを付ける


先っぽを使うのがコツ。

ヘアピンがこんなに使えるとは!

基本の正しい使い方から意外な活用術まで!
発見が多い記事でした。
髪を短くしてからすっかり引き出しの奥に入っていたけど、これは使わないと損!

Posted from するぷろ for iOS.

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

8 Comments

コメントを残す