カラーを着る|モノクロvsビビッド

今年の春はパステルよりもビビッドなカラー。しかもアウターにビビッドカラーを持ってくるのがトレンド。
でも、モノクロもこの春、この時期、まだまだトレンドのようです。
今日はカラーに注目してコーデをピックアップしてみました。

 モノクロ


↑ “Atlantic-Pacific
Pコート、ボーダーシャツ、レザーパンツにコンバースのスニーカー。
カラーとしてはごく普通のモノクロですが、アイテムのチョイスがユニークでおしゃれ。


 “What Olivia Did…
こちらもボーダー。
パンツはハイウエストでトップスをイン。この辺が今年っぽい。
レッドのバッグが映えますね。


↑”ADENORAH
ブラックのシャツにホワイトパンツ(ロールアップ)。
ウェッジソールのパンプスに靴下が一ひねり加えてるポイントですね。


↑ “Wish Wish Wish
ぱっと見、スーツなのかなと思ったのですが、パンツはデニムですね。
ロールアップしています。ローファーがさらにカジュアルダウン。
こういう、かちっとしてそうでカジュアルなスタイルがママにはうれしい。

 ビビッド


My Daily Style
大人なコーデ。イエローならビビッドでも取り入れやすいかな。


 “Style Scrap Book
ハンサムですね。レッドの帽子にジャケットなのに派手さをさほど感じさせないのはブラックが引き締めてくれれるからのよう。


 “Variacje
これもレッド。トーンが低めなのでそれほど派手じゃない。
ヒールとミディアムスカートで大人っぽくまとめているからかも。

 まとめ

モノクロでまとめるなら、素材に注目すると新鮮なコーデができそう。
さすがに、冬からずっとモノクロで、黒と白の色合いには少々飽きてきていますが、そこは例えばレザーパンツにスニーカーとか、差し色カラーの靴下とヒールとか、意外な組み合わせが陳腐にならないポイント

ビビッドカラー派手な色ほど、ブラックをうまく使うこと。
ママとしては、「あんまり派手なカラーを着るとういちゃいそうで(痛くなりそうで)」と思いがちですが、レッドなどはその他のアイテムを全部ブラックでまとめるとかなり引き締まりますね。
また、ビビッドカラーを入れるなら1つはブラックを入れた方が落ち着くと思います。

それから、ビビッドカラーは一色におさえること
色んなカラーがあると見てる方は目が疲れちゃいますからw。

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。