桜をきれいに取るための設定

熊本、高知、愛媛ではもう桜開花宣言が発表されました(∪´>‿<`)
そろそろお花見も近いかなぁとわくわく(*Ü*)*.¸¸♪”

写真好きの私としては逃してはならないフォトジェニックシーズン。本当に楽しみ(◍´ಲ`◍)

でも、桜って、普通に撮っても白っぽくなっちゃってピンクがうまく出ないんですよね。写真を撮ってがっかりした経験がある人も多いのでは。私もそうでした。

それが、カメラの設定を1つ変えるだけで、別に写真にさほど興味がない、カメラとかよくわかんない!って人でもカメラ(携帯も)のきれいな桜の写真が撮れるのです((φ(・д・。)

 カメラのホワイトバランスを「蛍光灯」に

これだけ。
デジカメだと「蛍光灯」、携帯だと青っぽいフィルターがかかるものが○。

↑iPhoneなら「プロセス」かな。こういうのはちょっと強く出すぎるかもですが。

デジカメで、「『蛍光灯』にもいろいろあるんだけど。。」
というときは、「白色蛍光灯」というのがいいと思います。ニコンの場合だけど。
(その他のメーカーはちょっとわかりません。ごめんね( ͒˃⌂˂ ͒))

 効果は。。

去年の写真で見てみると。


これがノーマルなホワイトバランス。


これが蛍光灯モード。
比べるとすごく青味が強いなぁと思っちゃいますが(´∀`;A
好みもあるけれど、私はノーマルモードよりも断然青い方が好き。
「青い空に映える桜」は特にこの「蛍光灯」モードがいいと思います。

今は写真の加工も簡単にできるのでカメラの方で設定しなくてもよかったりするけれど。

でも、加工のときも青が強く出るようなフィルターをかけるときれいになるので覚えておくといいかもです。

ただ、人物やほかのものが写りこむものはあまりこの設定にしない方がいいかな。

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す