吹き出物を防ぐ7つのコツ

アラサーともなれば、とうに「ニキビ」と呼ぶ歳を過ぎていますが、できるもんはできる! ひどい話です(;´ェ`) でも、予防する方法はある! 参考になりそうな記事を発見! Basic Tips for Preventing Breakouts | Beautylish

吹き出物の原因

まずは敵を知ることから。 なぜ吹き出物ができるのか? 主な理由はこれ↓ 1.遺伝とホルモンの関係 2.衛生環境 3.食事 上から影響の強い順。 遺伝とホルモンが一番の理由ってのがちょっと残念ではありますが。。 コントロール可能なところはしっかり管理したいですね。 では、そのポイント。

1.メイクに注意

寝る前に必ずメイクを落とす メイクブラシも定期的に洗う 慢性的に吹き出物がある人は、 オイルベースの化粧品は避ける

2.メイク落としにはサリチル酸(BHA)配合が○

日本で手に入りやすいものだと、 卵肌 マイルドピーリングリキッドメイク落とし | 肌研(ハダラボ)® この辺り。

3.化粧水は毛穴を小さくする効果のあるものを

記事ではWitch Hazelウィッチヘーゼル アストリンジェント(拭取り化粧水) 473ml 【並行輸入品】:Amazon.co.jp:美容/健康を進めています。 日本でも手に入るもの。 Witch Hazelは「アメリカンマンサク」、「ハマメリス」と呼ばれるもの。 ハマメリスを含む化粧水はこちら↓を参考に。 ハマメリスエキス | 美肌マニア 吹き出物がひどい人は、朝起きてすぐと汗をかいた後にこの化粧水を含ませたコットンなどで顔を拭くと効果的。

4.ヘアケア製品にも注意

おでこや髪があたる場所によくできるなら、髪に使っているものが原因かも。 前髪がおでこにかからないようにしたり、特に寝るとき、運動をするときはヘアバンドをするなどしましょう。

5.砂糖、炭水化物、加工食品のとりすぎに注意

吹き出物ができやすい人は上の3つの過剰摂取に注意。 オススメ食材は、 果物、野菜、魚、良質のタンパク質。

6.どの食べ物が影響するかをチェック

可能なら食べた物とその食べ物の肌への影響をログに残して、どの食べ物で吹き出物が出やすいのかを調べてみて。 これかなと思う食べ物が見つかったら、それを4週間食べないようにしてみて。
これで肌が改善されるなら、問題はその食べ物!

7.水をたくさん飲む

よく言われることですが、水は体の毒素を排出してくれ、肌の再生をスムーズにしてくれます。

吹き出物ができてしまったら

いくら注意しても、ホルモンや遺伝によって、吹き出物はできてしまうことはあります。 そんな時でもいつものスキンケアは絶対に怠らないで。 もし、吹き出物が痛むとか、いつもと違うなと思ったら病院へ。 ただ、潰すのだけは絶対にダメ!!

まとめ

吹き出物とニキビを年齢によって使い分けるのは日本だけのようですが。。
(やっぱり日本は幼い、若いということが魅力の大きな要素なんだね)
ま、それは置いておいてw、ポイントは清潔に保つことと食事ですね。

食事と肌のログを付けるとか、かなり地道なことですが、肌だけでなく健康や体重の事も考えるとそれくらいやった方がいいのかも。
あと、基本中の基本ですが、洗顔料の流し残しは結構やっちゃうんですよね|ω・`)
髪の生え際にたまにできちゃいます、吹き出物。 当たり前だけど、結構盲点だったり(って私だけ?w)
年齢を重ねて、頑張っていても多かれ少なかれ肌は老化していくわけなので、避けられるトラブルはなるべく回避したいものです。 

 

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す