9 Beauty Tricks Asian Girls Must Know

Renee Jacques Asian Beauty

「アジアンガールがするべき9つのビューティーテク」という興味深い記事をHuff Post Styleで見つけたので紹介。

 1.リキッドアイライナーとボリュームアップのマスカラを使う

一重の人は特にアイメイクには気を遣いますが、ペンシルではなくリキッドを勧める理由ははっきりとしたラインが描け、長持ちするから。目元をはっきり見せるにははっきりしたラインが必要。
でも、目の上も下もラインを引くにはアジアンフェイスには「やりすぎ」だそうで、上まぶただけに引くのがベターだそう。

まつげにはつけまつげやエクステを使う人も多いですが、やはりマスカラのほうが自然(つけまつげは男性には結構不評ですよね)。
また、資生堂のビューラーは、アジア人のフェイスに合わせた形になっているのでアジア人にはお勧めの一品らしいです。

 2.二重瞼を「作る」のはNG

一重の人でも二重にできるグッズはたくさん出ていますが、そういう「プチ整形」もどきに頼るのではなく、アイシャドーで魅力的な目元を作ることを記事は勧めています。

アイシャドーは無くてもいいくらいだけれど、するならポイントは肌に近い色を選ぶこと。眉のすぐ下にヌードカラー、目の近くはそれよりもほんの少し濃いヌードカラーを置くことだとか。

 3.チークはオレンジ系

凹凸がすくないアジア人の顔にはピーチやコーラルといったピンクや赤系のチークではなく、オレンジ系のものがベター。それも、なるべくヌードカラー系のオレンジがアジア人の肌の色には○。

 4.アイブローはダークブラウン

眉が薄いのはアジア人の特徴だそうで。。(A;´・ω・)すっぴんになると眉がなくなるという人も多いですよね。
黒だと濃すぎるのでミディアムブラウンかダークブラウン。こちらもペンシルがいいそうです。

コツは、角度のついた眉ブラシを水で濡らし、ダークブラウンのアイブローをブラシに乗せてから眉に付けることだそう。

 5.シンプルでナチュラルな製品を使う

敏感肌はアジア人の特徴。なるべくナチュラルなもの、シンプルなものを使うこと。どんなドラッグストアでも手に入るけれどナチュラルのものがおすすめだそうです。

 6.巻かずに整髪料でボリュームアップ

巻くのはやはりナチュラルさはなくなります。なので、ふわっとしたボリュームを出したいときにはボリュームアップの整髪料を使った方が○。

 7.明るいレッドのリップスティックを

Renee Jacques Asian Beauty

アジア人の肌の色に合うリップスティックは明るいレッド。ピンクやコーラルカラーはNG。

 

 8.日焼け止めは毎日

アジア人の肌は紫外線に反応しやすい(焼けやすい)。なので、何歳からでも早すぎるということは無いのでとにかく日焼け止めを塗りましょう(雨の日でも)!
すでにシミがあるというひとは美白対策を!おすすめは資生堂のブライトニングモイスチャーライジングクリーム

 9.アジアの伝統的な美容製品を使う

中国では昔から大豆が美容にいいとされ、使用されてきたそう。アジアの古い知恵はアジア人の肌にもあったもの。
ランコムのイナジェドヴィクリームは特に中国人の肌の生命力を引き出すように作られているんだそうです。

 おわりに

記事は、アメリカで生活するアジア人の立場から書かれているものなので、「ほかの人種もいる中で、いかに自分らしさ(アジア人らしさ)を保ちながらその他大勢にならずに魅力的になるか」を念頭においているようです。

なので、日本で生活している日本人女性、アジア人女性の感覚と必ずしもピッタリでないところもあるかもしれませんが、アジア人としてほかの人種の中に混ざるのがどういう感覚なのかが垣間見れる記事かなと思います。結構、コンプレックスを感じそう。。

「ナチュラル」っていうのが全体的なキーワードのようですね。私も、アイシャドー、暗めの色をちょっと変えてみようかなと思いました。

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す