7 Yoga Poses for Pretty Posture

Yoga Poses For Postureに掲載されている、姿勢がよくなるヨガのポーズ7です。

「姿勢がよくなるだけ?痩せるとかじゃないの?」というあなた(って誰?w)、姿勢は大事です!

姿勢が悪いと、お腹出るらしいです。

そのほかにも、体内のエネルギーの循環も悪くなって健康にも悪いもです。

今回紹介されてたのは比較的簡単なものばかりなのでぜひ。

1. 山のポーズ


自分の立ち姿を意識したことがない人には最適なポーズ。
足を揃えて立ち、背骨が自然なS字を描いているかを意識

尾てい骨を下げるのがポイント。でも下げすぎてもダメ。

正しい姿勢だと骨盤が引き締まるような感覚になるはず。

まずはこの写真を参考に「正しい立ち姿」を意識です。

2. 三角のポーズ


右足を前に大きく出し、左足は斜め45度の角度に。
両脚は曲げずに体だけを右脚方向へ倒しながら左へひねり、左手をまっすぐ上に伸ばします。
目線は左手の指先。このポーズで5呼吸。
反対側も同じようにして行います。

後ろの方の脚から力を抜かないことがポイント。

3. ダンシングウォリアー(踊る戦士


三角のポーズと同じように右足を前に大きく出し、右手を前、左手を後ろに床と平行に伸ばしてから左手を腿の後ろへ添え、右手を上げて後ろへ反ります。

そのままの姿勢で5呼吸。

反対側も同じように行います。

4. 橋のポーズ


仰向けに寝て、両腕を体側へ。
膝を曲げてできるだけ体へ寄せたら手のひらで床を抑えてお尻を持ち上げます。
てはそのまま床に置いても、指を組んでも、写真のように腰を支えても。
そのまま5呼吸。

5. バッタのポーズ


うつ伏せになり両腕は手の甲を下にして体側へ。
両脚は揃えて。
息を吸って頭、上半身、両脚を上へ持ち上げます。
そのまま5呼吸。
息を吐いている時に、体が前に伸びるイメージで。

6. フォワードベンディング


山のポーズから息をすって両腕を上に伸ばし、
吐きながら前屈。
顎を引き、肩の力を抜き、体重はつま先へ。できれば膝を伸ばして。
このままの状態で5呼吸。

7. 牛の顔のポーズ


脚を前に伸ばして座った姿勢から両脚を曲げ、左足を右太腿の横につけるか、左足のかかとの上に座る。
右足は曲げて左足の上に。足が左太腿の横に来るように。(写真参照)
腕は左腕を右腕の上に重ねて前に伸ばして、肘を曲げる。
そのまま5呼吸。
脚、腕の上下を逆にして5呼吸。

まとめ

本当は、2や3のポーズの前後は下向きの犬のポーズDownward Facing Dogをやったり、戦士1How to Do Warrior 1 Poseや戦士2Strike a Yoga Pose: Warrior 2をやったりするんですが。、

姿勢がよくなるポーズはこの7つ。

本のちょこっとやるだけでも違うと思うのですが、やる時間よりもやっている時の呼吸が大事。

絶対に息は止めないで。歯を食いしばらず、優しく微笑むくらいでw

「そんな時間なーい」って言う人も多いと思いますが、無いからこそやった方がいいんですけどね、本当は。

特にママは、子どもを大事にしなきゃいけないからこそ、まずは自分のメンテナンスじゃないかなぁ。
その手段はヨガでなくてももちろんいいんだけど。

だって、親として、「自分を大事にしなさい」って教えるじゃないですか。もちろん他人を大事にとも教えるんだけど、両方大事なこと。

それなのにママが自分を大事にできてないって、自分はテレビ見ながら子供に「勉強しなさい」って言うのと同じ。

色々事情も環境も違うので、簡単には言えないけれど。

とにかく、筋肉を伸ばすと痩せやすくなるそうですよ(´◡`๑) 

Posted from するぷろ for iOS.

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す