Color

冬はモノトーンのコーデが主流になりがちだけれど、そろそろカラフルな色の着たい時期。
まだまだ、というかこれから寒くなるけれど(‘・c_・` ;)、気分が明るくなるようなコーデを集めてみました。

12086855914_1a7e5a50a9_o
↑”Brooklyn Blonde
ビビッドではないけれど、軟らかいカラーが季節外れでもなくちょうどいい。
薄着ですけど(´Д`ι)

12082561805_ed44dbec6a_b
Seams for a Desire
ファー、カーディガン、スカートのグラデーションがきれい。
季節外れでもなく、うまくカラーを取り入れてる感じ。

Parker_bomber_jacket-(1-of-5)
Late Afternoon
ボンバージャケットとヒールがさし色のレッド。
濃い色は冬のモノトーンにも合わせやすい。

cappelli-mio-outft1
Irena’s Closet
帽子とコートにカラフルなワンピと色をたくさん取り入れたコーデと、モノトーンコーデにビビッドなイエローのセーターをさし色に加えたコーデと。
オレンジでもちょっとトーンを抑えたものならうるさい印象にならない。ワンピのカラーもカラフルですが、目にチカっと来るような蛍光色が少ないのでまとまって見えます。
蛍光色のような攻撃的な(?)カラーはセーターだけにとどめるなど部分的に使うほうが(目にも)○。

69065ee7d4252f9a5e386e038d61a96e
セーターだけ目を引くカラーというのがやっぱり簡単。
このレッドは明るいけれど上品。そんなにけばけばしい印象にならないので冬のカラーに最適。

 ポイント

蛍光などの刺激的なカラーは1アイテムにとどめる。

淡いカラーはかえって難しいので濃いカラーを思い切って選ぶと○。

明るいカラーでも落ち着いたカラーはある!微妙なカラーの違いに気を付けてアイテム選びを。

冬でもというか、冬だからこそ明るいカラーを身に着けてテンションを上げたい!
小物から取り入れると失敗は少ないかも。
服に取り入れるならモノトーンに明るいカラーのセーターが簡単。

淡いカラーはどうしても「春」のイメージがあるので、濃い目のカラーがモノトーンとの相性もいいです。
一言に明るいカラーといっても、蛍光イエローもあれば、落ち着いたイエローもあります。
素材によってもその印象は違う。

ワインレッドなどちょっとダーク目のカラーから挑戦するといいのかもしれません。

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す