Lead Contamination

21blum-tmagArticle
昨日、Forever 21のアクセサリーに基準値を超えた鉛を含んだものが複数見つかった
という話をちょこっと書きました(→News You Must Know!)が、気になったので詳しく調べてみました。
結構、恐ろしいことが判明。。

 基準値の250倍?!

New York Timesの2013年12月20日の記事によれば、
CEH(Center of Environmental Health:環境衛生センター)の調査で、
Forever 21、Wet Seal、Charlotte Russe(F21以外が日本未上陸)のファストファッションブランドの商品のうち、
サンダルから25,000 ppm、パンプスから30,000 ppm、ベルトから50,000 ppmの鉛が検出されたとか。
基準値は革製品で300 ppm、ビニール製品で250 ppm。

明るいカラーでキラキラいしている商品ほど鉛を多く含んでいる確率が高いそうです。
(ppmは割合を示す単位。詳しい説明はWikipediaでどうぞ)

また、それら3ブランドの商品を1年間調査した結果、1/4の商品が基準値を超えていた。
しかも、以前、今後規定値を超えた危険な商品を販売しないとういう法的な同意書にもサインしているのにもかかわらずなのだとか。

ちなみに、H&M、Target、J. Crew、Guessの商品からは同意書にサイン後は鉛の基準値超えは発見されていないそうです。

 鉛の影響は?

鉛が体に入ると何が悪いのか?
調査を行ったCEHの記事によれば、
女性の不妊症、心臓発作、脳卒中、高血圧のリスクの増大。
また、胎児のIQの低下を引き起こすこともあるのだそう。

怖いのは鉛中毒。
小さなアクセサリーを誤飲していまった子どもが神経障害を引き起こすことも。
日本の厚生労働省では鉛を含むアクセサリーについて報告書を出しています(ちょっと古いけど)
鉛含有金属製アクセサリー類等の安全対策に関する検討会報告書要旨 

 どうやって体に入るのか?

上で書いたように、小さな部品などを飲み込んでしまった場合
それから、New York Timesの記事によれば、
財布やポーチ、鞄などの製品は触ると繊維が取れ、それを吸い込むということがあるようです。
新品の製品でも繊維が取れることが確認されているよう。
また、特に財布などは繰り返し触って使うものなので繊維を体に取り入れてしまうリスク高い
と記事は言っています。

 まとめ

日本ではあまり騒がれていないような気がするのですが、私が知らなかっただけでしょうか?
また、アクセサリーパーツの誤飲による鉛被害については言われていても、
靴やベルトなどのその他ファッション小物についてはあまり記事を見かけませんでした。
誤飲に比べて、靴やベルトの鉛は体に入る量が少ないのでそれほど問題にはならないのかもしれませんが。

誤飲に関しては、小さいお子さんがいる家庭は注意ですね。
もちろん、鉛を含んでいてもいなくても、異物を飲んでしまうということはあってはならないことだけれど。
また、飲み込まなくても、なんでもすぐ口に入れてしまう年齢のお子さんには注意が必要ですよね。

体に悪いものなんて世の中にはたくさんあるだろうし、気にしすぎるときりがないのかもしれませんが、
だからこそ悪いと分かってるものは避けたいと思ってしまう。

そして、同意書にサインしたにも関わらず、というところはやっぱりいただけないですよね。
かなりイメージは悪いです。

Forever 21はアクセサリーも豊富だし、はやりもののアクセサリーはF21でと思ってる人も多いと思う。
私もそうです。結構利用していただけに、ショック。。。

お金をかけずにおしゃれすることは楽しいし、大切でもあると思いますが、これからは消費者も賢くならないといけないんですねぇ。

ちょっとまじめなこと書いちゃいました(A;´・ω・)

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

chiehasegawa

chiehasegawa

ハセガワ チエ ハッピーライフを追及する一児(♂)のアラサーワーキングマザー。 忙しくても自分の好きなこともちゃんと、仕事や家事・育児もちゃんとを目指して奮闘中。 海外系のファッションファッションが大好き♡ 特技は英語。

コメントを残す